「これからの主役は壁」ROOM ARTオススメ vol.1 - 壁紙のDIYならROOM ART

10,000円以上お買い上げで商品が送料無料になります

壁紙のDIYならROOM ART

  • 0522657128
  • 受付時間 9:00−17:00 土日祝定休

  • 10,000円以上お買い上げで商品が送料無料になります
  • 0522657128
  • 受付時間 9:00−17:00 土日祝定休

壁紙のDIYならROOM ART

  • オリジナル壁紙を作ろう
  • 塗り絵壁紙

壁紙の検索

取り扱い商品一覧

カラーから選ぶ

ROOM ARTのオススメ|壁紙のDIYならROOM ART

ROOM ARTのオススメ

ここではROOM ARTのスタッフが、オススメのデザインや商品、
DIYの方法など、様々な情報をあらゆる面からご紹介します。
「これはいい!!」と胸を張って言えるものばかり。
お部屋のコーディネートのお役に立てれば…と
一生懸命お伝えしていきます。
自分に合うスタイルを探してみてくださいね。

これからの主役は壁時代はウォール。壁で遊ぼう。

海外に行くと、日本とのインテリアのテイストの違いに驚きます。特にヨーロッパは様々なデザインの壁紙があり、それぞれの家庭でこだわりを持って暮らしを楽しんでいます。とにかく、個性的で大胆な印象を持ちます。
古くからヨーロッパ では壁紙は室内をより一層、魅力的にするインテリアの一部として親しまれてるのです。ペンキやアート、壁紙を使って気分転換に大胆にお部屋変える文化が根付いているので、DIYは生活の一部になっています。鮮やかな色を使ったり、統一されてない柄物を使ったりと斬新な組み合わせがあるのも面白いですね。

日本の壁紙は、どの家庭も基本的に白で統一されており、テーブルやソファなどの家具、絨毯やマット、雑貨や小物で部屋を飾ることが多いです。確かに、白はなんでも合わせやすいしまとまりやすい、無難な色です。

しかし、海外の大型インテリアショップが日本に進出してきてから
少しずつ、

「もっと自由に遊びたい」
「オシャレを楽しみたい」

という欲求も確実に高まってきています。

だからこそ「DIY」が流行しているんですね

日本と海外との壁紙の違いは何かそれは、壁紙が「主役」なのか「脇役」なのか。元々日本人は控えめな印象。秩序を保ち、忠実。だからこそ固定観念にとらわれすぎてしまうことがあります。

時代は少しずつ変わり、個性を大事にしようという考え方が強くなってきています。
例えば、ファッション。十人十色で個性的。色や柄、流行を取り入れたり、自分なりに着こなしをアレンジしてみたり。好みのファッションでオシャレを楽しんでいます。

それはお部屋やインテリアも同じ!!

当たり前だったものを変えることで新しい世界観がうまれ、
もっと幅が広がっていきます。生活に張りが出てきます。
当たり前だった白い壁紙。デザイン壁紙やアクセントウォールを使ったDIYを楽しんで、こんな風に壁で遊んでみませんか??

真っ白で統一されていた脇役の壁を主役に

家具を白で統一、壁紙を柄物に

ナチュラルでさわやかな印象をうけます。
明るく開放感があり、部屋に広がりを感じますね。
壁紙ではなくあえて家具を合わせやすい白色に統一し、壁紙を柄物にするだけで、違和感なく調和していて自然なのに、無難さはなく、ひとつひとつの家具も存在感があります。とてもバランスの良い空間になっています。同じ白でも使い方によってこんなに印象が変わるんです。

壁が主役になって、お部屋のオシャレセンスが一気に上がりますね。

ROOM ARTオススメデザイン
  • 花と蝶
  • Starcurtain
  • Deep sea exploration
  • for girl

壁紙を黒に

壁紙を黒にすることによって家具の色が際立ちます。
しかし、壁紙にも存在感があり、互いにいい効果をもたらします。
柄物を一切使わず、シンプルなワントーンでオシャレにアレンジ。上級者のテクニックですね。
ダークカラーをつかうと圧迫感を感じると思いがちですが、奥行きが出て、メリハリのある部屋になります。
また、全体的に引き締まり、落ち着いた大人の空間になります。

ちなみに、スタッフのアパートの
部屋の一面は黒×ストライプの
アクセントウォール。
シンプルな家具を使って、モダンで
大人な空間を満喫しています。

  • アンティーク_2
  • 岩肌
  • メメント・モリ
  • Sknt 0028-2

部屋の中にも癒しの空間を

空や海、山や植物を見ていると落ち着きますよね。緑や青など、自然の中の色にはいつも癒されます。
思い切って天井も壁も床も青や緑に変えてみるのも素敵ですね。

全面貼りかえるのにためらう場合は一面を海や山などの風景にしてみるのもオススメ。部屋全体を自然色に変えるだけで安らぎの場が生まれます。

また、その部屋に入った瞬間に目を引きます。居心地のいい癒される空間を演出しませんか?

  • 海のデザインイワシ
  • Forest
  • blue sky
  • 青空の音楽

これからの時代は壁紙が主役です。
壁をアレンジすることによってコーディネートの幅がさらに広がるはずです。お部屋づくりを楽しむなら、これまで注目していなかった壁に目を向けてみてくださいね。DIYすることによって、達成感も充実感も満足度も何倍にもなりますよ。

トップへ