スタイル別お部屋コーディネート - 壁紙のDIYならROOM ART

10,000円以上お買い上げで商品が送料無料になります

壁紙のDIYならROOM ART

  • 0522657128
  • 受付時間 9:00−17:00 土日祝定休

  • 10,000円以上お買い上げで商品が送料無料になります
  • 0522657128
  • 受付時間 9:00−17:00 土日祝定休

壁紙のDIYならROOM ART

  • オリジナル壁紙を作ろう
  • 塗り絵壁紙

壁紙の検索

取り扱い商品一覧

カラーから選ぶ

スタイル別お部屋コーディネート一覧|ROOM ART|ウォールステッカー・ウォールアートの通販
  • TOP
  • スタイル別お部屋コーディネート

スタイル別お部屋コーディネート

エレガント

部屋をエレガントにコーディネートしたい!

エレガントとは「落ち着いて気品のあること」「優美であること」をいいます。華やかなデザイン壁紙を飾って上品な空間を演出し、優雅な気分で毎日を過ごしてみませんか?

部屋をエレガントにコーディネートしたい!
部屋の壁一面を変えるだけでエレガントに!

部屋の壁一面を変えるだけで
エレガントに!

白の壁に青のソファ、照明。もちろんそれだけでもオシャレでしたが、「エレガント」をテーマに花柄模様な壁紙に変更するだけで、華やかで上品な雰囲気になりました。
今回は壁紙だけ貼り変えましたが、ソファや小物などエレガントなインテリアを揃えていくと、生活感がガラリと変わります。

エレガントに「花」は必需品!
部屋のどこかに取り込もう!

エレガントとは正に「気品」「上品」であること。それにうってつけなのはやはり花です。部屋のどこかに植物を取り入れると、部屋全体が生き生きすることってありませんか? それと同じで、「気品」さを出す為には花を取り入れるのが最良で最適な方法です。花柄のデザインを壁に貼るだけで、高級感のある大人な雰囲気に。

エレガントに「花」は必需品!部屋のどこかに取り込もう!

壁一面を花にしたい!

ピンクや赤、白の綺麗なチューリップの写真を大きく引き伸ばして壁の一面に貼ってみました。

壁一面を花にしたい!
壁一面を花に変えてみました!

壁一面を花に変えてみました!

実際に壁一面を花の写真の壁紙を貼ってみるとどうでしょうか。今までの白で統一されていて、清潔感がありますが、どこか寂しげな部屋だったのが、華やかで、エレガントさ満開になりました。写真を壁に貼るというのは大胆なリフォームですが、花が部屋を彩り、インパクトのある空間になります。自然とそこに目が行き、部屋の主役が壁になります。今まで生活感が、これからはエレガンスなものになっていくでしょう。

エレガントの雰囲気をつくるには、テーマをきめることが重要!

部屋をエレガントテイストにするのにポイントとなるのは、壁紙。壁一面まで大きく引き延ばせるくらいの壁紙があるとさらに良いですね。
エレガントといっても、好みは人それぞれ。どのような部屋の印象にしたいかによって選ぶデザインはかわります。まずはどのような雰囲気を普段の生活に取り込みたいかがテーマとなってきます。そこから自分のイメージに合うインテリア壁紙を探してみてください。

エレガントの雰囲気作りは、部屋全体の雰囲気に合った絵柄のチョイスが重要です!

▲もどる

シック

シック

部屋をシックにコーディネートしたい!

壁一面をアクセントウォールを使ってシックなデザインでコーディネートして、殺風景な部屋を何とかしませんか?
シックは「上品で洗練されている姿」を表します。デザイン性の高い上質な空間を演出するデザイン壁紙を貼ってみましょう。

部屋をシックにコーディネートしたい!
壁一面を変えるだけで部屋がシックに!

壁一面を変えるだけで
部屋がシックに!

あんなに真っ白で殺風景だった部屋が、たった壁一面をシックなデザインの壁紙に変更するだけで、雰囲気を醸し出ています。
今回は壁紙だけ貼り変えましたが、壁紙に合わせて他のインテリア家具や雑貨、小物を揃えていくと、生活感がガラリとかわります。

シックテイストに壁紙は必需品!
部屋の中全てにシックテイストを取り込もう

シックテイストに「トータルコーディネート」することはなかなか難しいです。インテリアの全てに手を入れてシックな部屋を演出するとなると、手間も費用もかかりますね。家具をすべてシックなデザインに変えるということは簡単にできることではありません。まずは手始めに壁紙から手を入れてみましたが、どうでしょうか?家具はそのままでもで上品で洗練された空間になります。

シックテイストに壁紙は必需品!部屋の中にシックテイストを取り込もう

壁一面を織物柄にしてみよう!

白い壁の部屋の一面を、シックの特長的な柄でもある織物柄にしてみました。

壁一面を織物柄にしたい!
織物柄に変えてみました!

織物柄に変えてみました!

実際に壁一面を織物柄の壁紙を貼ってみました。どうでしょうか。今までの白一色の殺風景な部屋にフォーカスポイントが生まれて部屋全体にバランスがとれています。あまり白黒のコントラストの強さを強調せず、あえてペールトーンを選び、落ち着いた色味で大人な空間を演出しています。

シックテイストの雰囲気作りは、
部屋全体の雰囲気に合った写真のチョイスが
重要です!

シックテイストを醸し出すのに最も重要なのは、やはり壁紙となる写真の「絵柄」。それも壁一面まで大きく引き延ばせるくらいの壁紙が必要です。しかも、ご自身がどのようなアイテムを持ってらっしゃるか、どのようなシックさを求めてらっしゃるかによってかわってまいります。ですので、どのような雰囲気を普段の生活に取り込みたいかがテーマとなってきます。

シックテイストの雰囲気作りは、部屋全体の雰囲気に合った写真のチョイスが重要です!

▲もどる

ナチュラル

ナチュラル

玄関をナチュラルにコーディネートしたい!

殺風景な玄関周りを何とかしたいあなたは、花や植物のイラストレーションで賑やかにデコレーションしてみてはいかがでしょうか?

玄関をナチュラルにコーディネートしたい!
玄関周りに花が咲いた!

玄関周りに花が咲いた!

どことなく薄暗い雰囲気だった寂しい玄関周りが、植物や花で彩られて、とてもナチュラル感いっぱいです。
今回は花のイラストレーションを使用して四季折々の花が咲く演出を施してみました。
リビングの出口から玄関までの廊下を全てこの壁紙で覆ったところ一気に明るい印象となりました。

ナチュラルテイストに植物は必需品!
部屋の中に自然を取り込もう

どうしても白一色の壁になりがちの部屋ですが、どこか一面だけでも「植物」で埋めることが出来れば、それはもうナチュラルテイスト♪ 自然を部屋に取り込むと、空間が穏やかになり、空気感が少し緩やかに感じ、暖かみを持った部屋に変わります。派手な色ではなく、淡い色を使えば、優しい雰囲気にもなります。

※ こちらの玄関は、クロス職人さんにお願いし、施工していただきました。

部屋の中で森林浴がしたい!

白一面の壁の部屋が窮屈で、たまには解放されたいあなた。壁一面を森林に変えて、ご自分の部屋で森林浴してみませんか?癒しの空間が広がります。

壁一面を森林に
変えてみました!

実際に壁一面を森林風景写真の壁紙を貼ってみました。どうでしょうか。まるで森林の中にソファがあるようで、今までの殺風景な部屋がナチュラル感いっぱいになっています。
今回は森林浴がテーマだったので写真を使用して、まるで森林の中にいるような空間づくりを意識してみました。風の音や鳥の声が聞こえてきそうです。

部屋に自然を取り込もう

人は自然の中にいると心や洗われ、リラックスすることができます。ナチュラルテイストを演出するのにポイントとなるのは、壁紙の「絵柄」。今回のように森林にすれば心落ち着くような空間になり、太陽や海などにすればまた違った雰囲気になります。写真を壁紙に貼れば、まるで本当にそこにいるかのような気分になります。癒しやくつろぎの空間をつくりたい方は壁に自然を取り込んでみませんか?

▲もどる

北欧風

部屋を北欧風にコーディネートしたい!

人気の北欧風インテリア。北欧風インテリアの特徴はシンプルであたたかみのある雰囲気。
壁紙も北欧風にしてみませんか?

部屋の壁一面を変えるだけで
北欧風に!

壁の一面をナチュラルなグリーンに変えてみました。ソファはラグにグリーンを使って北欧スタイルを表現しているお部屋はたくさんありますが、壁紙をアレンジする例は多くはありません。 壁紙を変えるだけで、その他のインテリアは変えずともガラっと北欧スタイルに変わります。

北欧風には「グリーン」「ブルー」「グレー」!
部屋のどこかに取り込もう!

北欧インテリアは比較的グレイッシュなトーンが多く用いいられています。どこか自然を連想させる色。また、それらの色は木製家具との相性も良く、自然・調和を象徴し、穏やかさをもたらしてくれる色でもあります。落ち着きたい寝室や書斎、寛ぎたいリビングにも向いている壁紙として、緑の壁紙を取り入れてみてはいかがでしょう。

部屋を落ち着いた感じにしたい!

白い壁の一面を、落ち着いた色味のブルーにして北欧風にしてみました。また、ラグはグレーに。白貴重のお部屋にこれらの色は馴染みやすく、そして引き立ちます。

壁一面をブルーにラグをグレーに変え落ち着いた雰囲気に変えてみました!

実際にラグをグレーに、一面の壁をブルーに変えてみると、どうでしょうか? 四角四面の冷たい雰囲気が落ち着いた北欧風の雰囲気になっていませんか。そう、グレーの敷物とブルーの壁紙はマッチしやすいんです。

【ブルー】爽やかで洗練された印象
【グレー】モダンで合わせやすい

爽やかで洗練された印象のブルーの壁紙に加え、モダンな雰囲気を与えてくれるラグマットのグレーが合わさると、より一層北欧感が増して見えてきます。奥にある植物や木の素材の家具なども北欧感に磨きを掛けてくれていますし、今、この空間にある全てが全体の色彩を中和させる効果がある色でまとまっています。色を変えるだけで、北欧風のスタイルに。

▲もどる

モダン

モダン

チェック柄で少しモダンに!

何も無い部屋をいきなりモダンにするのに抵抗を感じるあなたは、まずチェック柄模様などいかがでしょうか♪

チェック柄で少しモダンに!
意外と合うかも?チェック柄

意外と合うかも?チェック柄

さて、実際に壁紙として貼ってみましたところ、なかなかいい感じに仕上がっているじゃありませんか。白・グレー・紺の部分のコントラストが効いてとても部屋にマッチしています。壁全体に貼らなくても、部分的に貼ったりワンポイントとして使うだけで、モダンテイストになります。

モダンテイストの真骨頂はコントラスト!
チェック柄はマストアイテムです。

チェック柄は、日本では市松模様と言われ、モダンな文様のはしりだったそうです。当然世界的にもモダンな柄として受け入れられていたのは言うまでもなく、それは現在でも受け継がれています。
 今回壁に貼ったチェック柄。壁紙なのに布の素材感が表れており、オシャレで新しいですね。ROOM ARTではこういった壁紙もつくることが可能です。
をチェック柄に変えるだけで、モダンに変化する、そんな空間はいかがですか。

モダンテイストの真骨頂はコントラスト!チェック柄はマストアイテムです。

モダンテイストが効いた西洋風柄壁紙に挑戦!

現代風であり、かつ西洋風な壁紙でモダンテイストな部屋を作りたいという方は、こういった柄でいかがでしょう。

モダンテイストが効いた西洋風柄壁紙に挑戦!
モダンテイストを醸し出す小物とのバランス

モダンテイストを醸し出す小物とのバランス

ボーダーラインに挟まれた規則性のある植物の刺繍。明るい面と暗い面とのコントラスト、正にモダンテイスト♪ ディレクターズチェアとも相まって、モダンテイストが醸し出されています。

モダンテイストの雰囲気作りは、
周りの小物とのバランス、
壁紙自体の白黒コントラストが重要です!

西洋風壁紙そのものの形状はとてもモダンテイストを醸し出してくれてはいたのだけれども、最も重要だったのは「色」。白と黒のコントラストがはっきりしていればしているほどよりモダンテイストの雰囲気が醸し出されます。また、それを取り巻く周囲の小物。雰囲気や空間を求めるには、それなりの準備が必要になってきます。今回の場合はディレクターズチェア。
色目や形も良く馴染んでいて、良い雰囲気になっていました。

モダンテイストの雰囲気作りは、周りの小物とのバランス、壁紙自体の白黒コントラストが重要です!

▲もどる

和風

和風

部屋を和風にコーディネートしたい!

和と洋を上手に組み合わせて、ワンランク上のオシャレな部屋づくりを楽しんでみませんか?

部屋を和風にコーディネートしたい!
壁一面を藍染模様に変えるだけで部屋が和モダンに!

壁一面を藍染模様に変えるだけで
部屋が和モダンに!

白いを藍染模様な壁紙に変更してみました。フローリングに和風柄って実は合うのです。一部の壁紙を変えるだけで、和と洋が合わさった「和モダン」な空間に。また、藍色のように、濃い暗めの色を使うことで、部屋が引き締まります。

和風テイストに藍染は必需品!
部屋のどこかに取り込もう!

「青は藍より出でて藍より青し」といわれる藍。昔から日本人は藍染めとともに暮らしてきました。スポーツでも日本代表のユニフォームに青が多いのはここからきています。天然の藍で染めた日本の藍色、日本独特の発酵技術こそ正に「和風」ではありませんか。

和風テイストに藍染は必需品!部屋のどこかに取り込もう!

壁一面を和風絵柄にしたい!

白い壁の部屋の一面を、和風の特長的な柄でもある絵柄にしてみました。

壁一面を和風絵柄にしたい!
和風絵柄に変えてみました!

和風絵柄に変えてみました!

実際に壁一面を和風絵柄の壁紙を貼ってみました。どうでしょうか。今までの白一色の寂しげな部屋だったのが、部屋にポイントが生まれ、全体的に和風な雰囲気が醸し出されているではありませんか。今回は着物などの絵師による作品を使用致しましたが、季節によって、日本の風物詩を飾り、和を楽しむのも良いですね。

和風の雰囲気作りは、
部屋全体の雰囲気に合った絵柄のチョイスが
重要です!

和風テイストを醸し出すのに最も重要なのは、やはり壁紙となる「絵柄」。それも壁一面まで大きく引き延ばせるくらいの壁紙が必要です。しかも、ご自身がどのような部屋の印象にしたいかによってかわります。どのような雰囲気を普段の生活に取り込みたいかがテーマとなってきます。今回は洋室に和のデザイン壁紙を貼った部屋の紹介をしましたが、もちろん和室に貼っても良いですね。

和風の雰囲気作りは、部屋全体の雰囲気に合った絵柄のチョイスが重要です!

▲もどる

トップへ