フリース壁紙を強粘もしくは弱粘のりで貼る場合 - 壁紙のDIYならROOM ART

10,000円以上お買い上げで商品が送料無料になります

壁紙のDIYならROOM ART

  • 0522657128
  • 受付時間 9:00−17:00 土日祝定休

  • 10,000円以上お買い上げで商品が送料無料になります
  • 0522657128
  • 受付時間 9:00−17:00 土日祝定休

壁紙のDIYならROOM ART

  • オリジナル壁紙を作ろう
  • 塗り絵壁紙

壁紙の検索

取り扱い商品一覧

カラーから選ぶ

壁紙・ウォールステッカーの貼り方:フリース壁紙を強粘もしくは弱粘のりで貼る場合

「強粘のり」って?

凹凸のある壁にもしっかりと貼ることができる、強いタイプののりです。 長期的に使用したい場合にオススメです。 壁紙の上から貼ることができます。壁面にのりをぬって、そこへ新しい壁紙を貼ります。 強くしっかりと貼れるので剥がれてくる心配はありません。

「弱粘のり」って?

フリース壁紙専用ののりです。貼った後、剥がすことができる特殊なのりです。 壁紙の上から貼ることができ、剥がした後のり残りが目立ちにくいことが特徴です。 原状回復が必要な賃貸にも安心してご使用いただけます。

準備するもの

準備するもの

  1. 1壁紙
  2. 2のり(強粘or弱粘)
  3. 3スキージーorなでバケ
  4. 4ローラー・刷毛
  5. 5ローラートレイ
  6. 6カッターナイフ
  7. 7ジョイントローラー
  8. 8定規orヘラ
  9. 95円玉、糸
  10. 10汚れを防ぐもの(新聞紙等)

貼り方の手順

1 dummy

コンセントやスイッチなど外せる ものは全て外します。

2 dummy

壁面の汚れをよく拭き取ります。

3 dummy

マスキングテープや新聞紙を使用し、汚れを防ぎます。

4 dummy

貼りだす角から、5円玉に糸を結んで垂直に吊るします。

5 dummy

30cm程の間隔で印をつけていきます。

6 dummy

ローラートレイに必要な分ののりを出します。

7 dummy

ローラーで壁にのり塗っていきます。 1枚目を貼る部分だけ塗ります。

8 dummy

1枚目を角に合わせて上部から貼ります。

9 dummy

上から下までしっかりと印に合わせていきます。

10 dummy

ズレたらすぐに直します。

11 dummy

上部はスキージーまたはなでバケで 外へ空気を出すように貼り付けます。

12 dummy

中央部分は上から下へなでバケを 動かして空気を押し出していきます。

13 dummy

シワにならないように丁寧に外へ空気を出していきましょう。

14 dummy

2枚目を貼る部分にものりを塗って いきます。

15 dummy

2枚目も同様に貼っていきます。 柄をきちんと合わせましょう。

16 dummy

重なる部分の中央をまっすぐ2枚とも切ります。切り直すとつなぎ目がキレイに仕上がらないので一気に切りましょう。

17 dummy

切った部分を剥がします。

18 dummy

つなぎ目をジョイントローラーで 貼り付けます。

19 dummy

上下左右の余分を切り取り、 全て貼り終えたら完成です。

キレイに貼るコツ
①のりはたっぷりと塗る。
少ないと粘着力が弱く、しっかりと張り付かない場合があります。
②のり汚れを防ぐ。
新聞紙やマスキングテープを使って汚れを防ぎます。 万が一汚れてしまったら濡れたスポンジや雑巾などできちんとふき取りましょう。
③塗り残しの無いように。
大きな面はローラーで、細かい部分は刷毛で丁寧に塗りましょう。
④外に向かって空気を押し出すように貼る。
スキージーやなでバケを使ってしっかりと空気を出すと仕上がりがキレイになります。
⑤余分やつなぎ目をカットするときは刃先を新しく。
切れ味が悪いと切り口がガタガタになって汚くなります。 刃先は常にキレイな状態でヘラや定規等をつかってまっすぐ切りましょう。

トップへ