壁紙専用のり 強粘タイプ - 壁紙のDIYならROOM ART

10,000円以上お買い上げで商品が送料無料になります

壁紙のDIYならROOM ART

  • 0522657128
  • 受付時間 9:00−17:00 土日祝定休

  • 10,000円以上お買い上げで商品が送料無料になります
  • 0522657128
  • 受付時間 9:00−17:00 土日祝定休

壁紙のDIYならROOM ART

  • オリジナル壁紙を作ろう
  • 塗り絵壁紙

壁紙の検索

取り扱い商品一覧

カラーから選ぶ

壁紙専用のり「強粘タイプ」

「壁紙が古くなってきたからキレイなものを貼りたい。」
「プロの業者に頼むと高いからDIYでやりたいな。」
などと悩んでいる方にオススメの壁紙のりがあります。

【壁紙用糊 強粘着】

その名の通り、粘着力が強いタイプ。

使用できる壁紙は「フリース壁紙」。のりで貼るタイプの壁紙です。 
※「のりで貼るタイプの壁紙」についてはコチラ

もちろん、輸入壁紙やビニル壁紙などにも使うことは可能ですが、のりの壁紙との相性が合わないとキレイに貼ることができない場合がありますのでご注意ください。

古くなった壁紙の上から半永久的に貼ることができる強粘のりの魅力や特徴をご紹介します。

貼ってはがせるのり 5つの魅力

① 壁紙の上から貼れる

壁紙の上から貼れる

この強粘のりは、今貼ってある壁紙の上から新しい壁紙を貼ることができます。 通常、壁紙は「石膏ボード」の上に貼ります。石膏ボードとは、石膏を芯材とし、両面を特殊な板紙で包んだ建築 用内装材料のことです。防火性、遮音性などに優れており、壁や天井の下地として使います。いわば、住宅にはなくてはならない建材。壁紙のリフォームを行うときには、今貼ってある壁紙をすべて剥がしてから石膏ボードの 上に新しく貼り直します。

しかし、壁紙を剥がして貼るとなると非常に手間も費用もかかる・・・、簡単にDIYってできるの?と不安になり ますよね。

この糊ならそんな特別な作業はいらず、壁紙の上に直接塗って、貼ることができるのです。

▲もどる

② 水で薄めずそのまま使える

水で薄めずそのまま使える

プロのクロス貼り職人さんが使うのりは、水で薄めてから使用します。まるでお餅のように弾力のある原液に少しずつ水を入れて馴染ませて、溶いていきます。季節によってのりのかたさは違ってくるのでプロは手の感覚だけで、丁度良い濃さののりをつくりますが、素人にはそれは非常に難しい技ですね。手間もかかってしまいます。また、DIY専用の粉のりもありますが、こちらも水で溶いてのりをつくる必要があります。

ROOM ARTの壁紙用のりは、水で薄める必要がありません。封を開けて、そのままお使いいただけるので、便利で簡単。気軽にチャレンジするのにオススメ素材です。

強粘のりは、良く伸びるので非常に塗りやすいです。また、塗った時に糊が上から垂れてくることなく、壁に付着 するので、何度も塗り直しする必要がありません。素早く楽に塗れるので初めての方でも気軽にDIYができます。

▲もどる

③ 少量でもピッタリくっつく

少量でもピッタリくっつく

粘着力が非常に強いので、貼って剥がせるタイプや弱粘タイプとは違い、たっぷりとのりを塗る必要がありませ ん。少量でもピッタリと壁にくっつきます。凹凸のある面も、何度も重ねて塗らなくても大丈夫。ただし、塗りムラ がないように注意してくださいね。

位置を間違えたり、ズレたりして、貼るのに失敗したら取り返しがつかないの?と不安になるかもしれませんが、 のりが乾く前であれば、修正することができます。ズレたと思ったら、すぐに剥がして貼り直してくださいね。 のりで貼るタイプの壁紙はシワになりにくい素材なので、ピッタリくっついて仕上がりがキレイになりますよ。

▲もどる

④ 半永久的に貼れる

半永久的に貼れる

強粘のりは、プロの職人が使っているのりとほぼ同じ成分でつくられています。そのため、粘着力が非常に強く、 壁紙の上から貼っても、半永久的に貼ることのできるのりです。古くなって傷んだ壁をなんとかしたい!そんな方はこの強粘のりを使ってみてください。

▲もどる

⑤ コストを最小限に抑えられる

コストを最小限に抑えられる

誰でも、「コストを最小限に抑えたい!」と思いますよね。強粘のりは、1kg 850円(税抜)という驚きの安さです。 1kgで約5~7m²分の壁紙を貼れます。壁1面を貼るのに十分な量が入っています。

古くなった壁紙を貼り替えようと業者に依頼するといくらくらいになるかご存知ですか?壁紙代、糊などの材料代の他に、交通費などの経費、施工費用などがかかってきます。施工費用は平均して25,000円ほどです。
しかし、DIYの場合にはその施工費用は一切かからないので、リーズナブルに自分の好きな壁紙を貼ることができるのです。 コストを最小限に抑えて壁紙を替えたいという方にオススメです!

▲もどる

「強粘のり」で注意する点

【注意点1】乾く前に素早く貼る
糊を壁に塗ったら、乾く前に素早く貼りましょう。ズレたらすぐに剥がして貼り直してください。乾いてしまうと、 剥がれなくなって修正できなくなってしまいます
【注意点2】施工道具ののり汚れに注意
貼り付ける作業の時に、壁に塗ったのりがスキージーやなでバケに付着して壁紙を汚してしまう可能性があり ます。道具にのりが付いたら、必ずふき取りましょう。万が一、のりの付着に気付かずに壁紙を汚してしまった場 合は乾くまえに水分の含んだスポンジなどをつかってキレイに拭いてください。
【注意点3】高温になる場所に保管しない
高温になる場所には置かないようにしてください。糊が傷みやすく、腐ってしまう恐れがあります。

▲もどる

貼り方の手順

  • 貼る場所の汚れをキレイに拭き取った後、貼る位置に印をつけます。
  • ローラーや刷毛を使って、貼る部分に糊を塗ります。
  • 印をつけたところに上部から合わせていきます。
  • スキージーやなでバケを使って空気を抜くように貼り付けます。
  • 2枚目を貼ったら、つなぎ目部分をカットします。切り直すとつなぎ目が汚くなるので勢いよく切りましょう。
  • ジョイントローラーでつなぎ目を圧着させます。

キレイに貼るコツ

①のりはたっぷりと塗る
塗る量が少ないと、粘着力が弱く剥がれてくる場合があります。特に角や端には念入りに塗ってください。
②のり汚れを防ぐ
新聞紙やマスキングテープを使って汚れを防ぎます。 万が一汚れてしまったら、乾く前に濡れたスポンジや雑巾などできちんとふき取りましょう。
③外に向かって空気を押し出すように貼る
スキージーやなでバケをつかってしっかりと空気を出すと仕上がりがキレイになります。つなぎ目と反対の方向へ押し出しましょう。
④余分やつなぎ目をカットするときは刃先を新しくする
切れ味が悪いと切り口がガタガタして汚くなってしまいます。カッターの刃先は常にキレイな状態を保ちましょう。カットするときは、ヘラや定規を使ってまっすぐに勢いよく行うのががコツ。
のりで貼るタイプ・壁紙の貼り方(弱粘のり・強粘のり)

▲もどる

施工事例ご紹介

施工箇所:玄関
施工面積:H200cm×W90cm
殺風景で暗かった玄関が、爽やかな印象に変わりました。アーティスティックな模様で個性的なデザインですが、背景が白なので、壁やその他のインテリアとも馴染みます。青は落ち着く色。帰ってきた時にホッと一 息つけるのではないでしょうか。

▲もどる

他にも壁紙用の糊があります!

  • 壁紙専用のり 弱粘タイプ

トップへ