壁紙専用のり はってはがせる - 壁紙のDIYならROOM ART

10,000円以上お買い上げで商品が送料無料になります

壁紙のDIYならROOM ART

  • 0522657128
  • 受付時間 9:00−17:00 土日祝定休

  • 10,000円以上お買い上げで商品が送料無料になります
  • 0522657128
  • 受付時間 9:00−17:00 土日祝定休

壁紙のDIYならROOM ART

  • オリジナル壁紙を作ろう
  • 塗り絵壁紙

壁紙の検索

取り扱い商品一覧

カラーから選ぶ

壁紙専用のり「はってはがせる」

「気分に合わせて壁紙を貼り替えたい」
「貼って剥がせてまた貼れる壁紙があればいいのに・・・」と思っている方必見!
貼って剥がせて繰り返し貼ることができる夢のような素材があるんです。

【壁紙用糊 はってはがせる】

その名の通り、貼って、剥がすことができる特殊な壁紙用ののりです。

使用できる壁紙は「フリース壁紙」。のりで貼るタイプの壁紙です。 
※のりで貼るタイプの壁紙についてはコチラ

もちろん、輸入壁紙やビニル壁紙などにも使うことは可能ですが、のりの壁紙との相性が合わないとキレイに貼ったり剥がしたりできない場合がありますのでご注意ください。

貼って剥がせて再度またはることができる、「壁紙用糊 はってはがせる」の特徴や魅力をご紹介します。

貼ってはがせるのり 5つの魅力

① 壁紙の上から貼れる

壁紙の上から貼れる

この貼って剥がせるのりは、今貼ってある壁紙の上から新しい壁紙を貼ることができます。

通常、壁紙は「石膏ボード」の上に貼ります。石膏ボードとは、石膏を芯材とし、両面を特殊な板紙で包んだ建築用内装材料のことです。防火性、遮音性などに優れており、壁や天井の下地として使います。いわば、住宅にはなくてはならない建材。壁紙のリフォームを行うときには、今貼ってある壁紙をすべて剥がしてから石膏ボードの上に新しく貼り直します。

しかし、壁紙を剥がして貼るとなると非常に手間も費用もかかる・・・簡単にDIYってできるの・・・?と不安になりますね。

この糊ならそんな特別な作業はいらず、壁紙の上に直接塗って、貼ることができるのです。

▲もどる

② 水で薄めずそのまま使える

水で薄めずそのまま使える

プロのクロス貼り職人さんが使うのりは、水で薄めてから使用します。まるでお餅のように弾力のある原液に少しずつ水を入れて馴染ませて、溶いていきます。季節によってのりのかたさは違ってくるのでプロは手の感覚だけで、丁度良い濃さののりをつくりますが、素人にはそれは非常に難しい技ですね。手間もかかってしまいます。
また、DIY用の粉のりも、水で溶かしてのりをつくらなくてはなりません。

ROOM ARTの壁紙用のりは、水で薄める必要がありません。封を開けて、そのままお使いいただけるので、便利で簡単。気軽にチャレンジするのにオススメ素材です。

▲もどる

③ 凹凸のある面もピッタリくっつく

凹凸のある面もピッタリくっつく

「貼って剥がせる」と聞くと、「粘着力が弱くてすぐ剥がれてくるんじゃないの?」「凹凸がある壁紙の上でも貼れるの?」と疑問が湧いてくるかと思います。そんな心配は不要です。たっぷりと壁にのりを塗れば、凹凸のある壁紙の上でも貼ることができます。凹凸の凹んでいる部分にのりがしっかりと入るように塗ることを意識してください。特に角や端は念入りに。そうすることで、ザラザラ、デコボコした面でも壁紙をキレイに貼れます。

▲もどる

④ 貼って、剥がして、繰り返し貼れる

貼って、剥がして、繰り返し貼れる

壁に糊を塗った後、半日ほど乾かすと、ペタペタと粘着力のある壁になります。そこに貼りたい壁紙を貼り付けるだけ。新しいデザインの壁紙に貼り替えたくなったら、その壁紙をはがし、そこに別の壁紙を貼れば良いのです。2~3回貼り替えると粘着力が徐々に弱くなってきます。弱くなってきたと感じたら、その部分に「貼ってはがせるのり」を追加で塗ってくださいね。粘着力は復活し、また貼ることができます。

▲もどる

⑤ 壁紙以外にも使える

壁紙以外にも使える

貼って剥がせるのりは、壁紙以外に、ドアやガラス、床はもちろん、カラーボックスや収納棚などの家具、冷蔵庫などの家電にも使うことができます。貼り方は簡単。貼りたい壁紙の裏に貼って剥がせるのりを塗って乾燥させると、シールのような状態になります。それを好きな場所に貼るだけです。のりをたっぷりと塗っておけばツルツルした平滑面だけでなく、凹凸のある面にも貼ることが可能。リメイク家具もあっという間にできちゃいます。DIYの幅が広がりますね。

剥がして別の場所に貼り替え、気分に合わせてコーディネートするのもお手の物。オリジナルインテリアを作ってみませんか?

>>壁紙を使ったDIY方法

▲もどる

「貼って剥がせるのり」で注意する点

【注意点1】特有のにおいがある
貼って剥がせるのりは、特有のにおいがあります。のりを塗り、乾かして壁紙を貼るとにおいは徐々に消えていきますが、気になる方は窓を開けて換気しながら作業を行うことをオススメします。
【注意点2】長期間貼っているとキレイに剥がれない可能性がある
長期間同じ場所に貼っていると、剥がす際にキレイに剥がれない場合がございますので予めご了承ください。
【注意点3】日の当たる場所や乾燥する場所に注意
日の当たる場所やエアコンが直接あたる場所に貼っていると、剥がれてくる恐れがあります。剥がれてきた場合には、残っている「貼って剥がせるのり」を塗って補修してください。

▲もどる

貼ってはがせるのり 貼り方の手順

  • 貼る場所の汚れをキレイに拭き取り掃除します。汚れていると気泡の原因になります。
  • ローラーや刷毛を使って、塗る壁面にのりを塗っていきます。
  • 塗り終えたら半日ほど時間を置いて乾燥させます。
  • 壁紙を上部から貼っていきます。貼る位置はあらかじめ印をつけておくと◎。
  • 空気を外へ逃がすようにして、しっかり貼り付けます。シワにならないように強く押し出します。
  • 余分な部分を切り取ったら完成。

キレイに貼るコツ

①のりはたっぷりと塗る
塗る量が少ないと、粘着力が弱く剥がれてくる場合があります。特に角や端には念入りに塗ってください。
②のり汚れを防ぐ
新聞紙やマスキングテープを使って汚れを防ぎます。 万が一汚れてしまったら、乾く前に濡れたスポンジや雑巾などできちんとふき取りましょう。
③外に向かって空気を押し出すように貼る
スキージーやなでバケをつかってしっかりと空気を出すと仕上がりがキレイになります。つなぎ目と反対の方向へ押し出しましょう。
④余分やつなぎ目をカットするときは刃先を新しくする
切れ味が悪いと切り口がガタガタして汚くなってしまいます。カッターの刃先は常にキレイな状態を保ちましょう。カットするときは、ヘラや定規を使ってまっすぐに勢いよく行うのががコツ。
はってはがせるのりの詳しい貼り方はこちら

▲もどる

施工事例ご紹介

施工箇所:オフィス
施工面積:H150㎝×W200㎝
女の子と蝶、植物をモチーフにしたアートな一枚です。モノトーンのシルエットがシックな印象を与えてくれます。風に吹かれたような動きが遊び心あふれていて、オシャレなデザインですね。のりを塗り、乾燥させると、シールのようにペタペタしています。手で触っても汚れないので安心して貼ることができました。また、他ののりとは違い貼って剥がせるので、ズレたり失敗しても修正ができます。DIYに慣れない初心者の方でも簡単に壁紙を貼ることができるのでオススメののりです。
>>この商品はこちら

施工箇所:書斎
施工面積:H130×W200cm
書斎の壁一部に貼りました。これは、壁に直接のりを塗ったのではなく、貼りたい壁紙の裏に塗りました。シールみたいに簡単に貼れます。剥がしても壁にのりが残らないので、賃貸でも好きな壁紙を貼れて非常に便利なのりです。飽きたら剥がして、セパレートシートを貼って保管しておけば、いつでも好きな時に貼れるのは良いですね。
>>この商品はこちら

▲もどる

他にも壁紙用の糊があります!

  • 壁紙専用のり 弱粘タイプ

トップへ