職人が貼る「オフィス編」 - 壁紙のDIYならROOM ART

10,000円以上お買い上げで商品が送料無料になります

壁紙のDIYならROOM ART

  • 0522657128
  • 受付時間 9:00−17:00 土日祝定休

  • 10,000円以上お買い上げで商品が送料無料になります
  • 0522657128
  • 受付時間 9:00−17:00 土日祝定休

壁紙のDIYならROOM ART

  • オリジナル壁紙を作ろう
  • 塗り絵壁紙

壁紙の検索

取り扱い商品一覧

カラーから選ぶ

  • TOP
  • 職人が貼るオフィス

職人が貼る「魅せる。プロの技」トイレ

●オフィス編

働く職場にも落ち着ける空間があると良いですよね。毎日パソコンとにらめっこ・。営業や会議に追われ疲れる毎日。 長時間過ごす場所だからこそ、ホッと安らげる場所をつくることが大切です。仕事もはかどりますね。

>>プロの職人へ壁紙リフォームの依頼をお考えの方

職人はこうやって貼る

①のり付け

糊付け機によって壁紙に専用の糊をつけていきます。 まずはバケツに糊(原液)と水を入れ、少しずつ溶いていきます。原液は濃度が高く、お餅のように弾力があります。その時の気温や湿度によって粘りや水分量は変わる。手の感覚だけでちょうどよい濃さの糊を作ります。 糊の準備ができたら、糊付け機に壁紙を設置。スイッチをONにすればローラーが動き、壁紙に均一に塗られていきます。 数十秒で一枚の壁紙に糊が付けられます。それをキレイに折りたたんで壁紙に糊をなじませます。 壁紙全体に糊がついているかをしっかりと確認。糊の量が少ない場所にはさっと手作業で素早く重ね塗りします。

■プロのここが凄い!
壁紙貼り職人にとっては水が命!冬場で寒くて冷たくてもお湯ではなく、「水」を使って作業します。

②古い壁紙を剥がす

古い壁紙を剥がしていきます。まず余分な壁紙を剥がさないように、貼る範囲の外枠にカッターで切り込みを入れます。 下から上へ引っ張り上げながらゆっくりと剥がしていきます。 元の壁紙がきれいに剥がれると、新しく貼った壁紙の仕上がりもきれいになります。傷をつけないように、やさしく力強く剥がします。 壁側に残ってしまった糊も器用にカッターの刃先をつかって表面に糊残りがないようにチェックします。

■プロのここが凄い!
壁紙の強度によって、剥がれ方が違うとのこと。しっかりと見極めて仕上がりが美しくなるように丁寧に作業します。

③新しい壁紙を貼る

貼り作業。糊付けしておいた壁紙を指示書の通りに順番に貼っていきます。新しい壁紙、壁面の寸法をしっかりと確認をして、印をつけていきます。この時、斜めになってしまわないように、上から下まで数か所に壁面へ直接書いていきます。
印にぴったりと合わせ素早く空気を外に専用を刷毛を使って逃がしていきます。取り外せない部分や出隅・入隅が多いので壁紙を貼りやすいようにカットしながら壁の形に合わせていきます。つなぎ目の部分は上からカッターで2枚の壁紙に切り込みを入れ、ジョイント部分をつなげていきます。 すべての壁紙を貼り、余分な部分を切り落として、仕上げをすれば完成。

■プロのここが凄い!
つなぎ目のずれが全くなし!糊引きして少し柔らかくなった壁紙を器用に引っ張りながら丁寧に柄を合わせます。

大きな面も、職人が貼るとあっという間!
慣れた手つきで丁寧に美しく仕上げます。
閉塞感があり、殺風景だった会議室に安らぎの空間が生まれました。

トップへ