DIYを楽しめる!のりで貼るタイプの壁紙 - 壁紙のDIYならROOM ART

10,000円以上お買い上げで商品が送料無料になります

壁紙のDIYならROOM ART

  • 0522657128
  • 受付時間 9:00−17:00 土日祝定休

  • 10,000円以上お買い上げで商品が送料無料になります
  • 0522657128
  • 受付時間 9:00−17:00 土日祝定休

壁紙のDIYならROOM ART

  • オリジナル壁紙を作ろう
  • 塗り絵壁紙

壁紙の検索

取り扱い商品一覧

カラーから選ぶ

初心者から上級者までみんなにオススメ!吸着シール素材

「DIYを楽しみたい!」「自分で壁紙を貼ってみたい!」そんなあなたにオススメの壁紙素材があります!

それは「のりで貼るタイプの壁紙」

このページでは、「のりで貼るタイプの壁紙)」の特長をご紹介します。DIY初心者の方もコツをつかめば上手に貼ることができます。もちろん、DIYに慣れている器用なあなたもどうぞご覧下さい。

壁紙の種類は大きく分けて2種類ある

壁紙には大きく分けて2種類あります。裏面にのりがついていない「のりで貼るタイプ」の壁紙と、裏面に粘着材 がついている「シールタイプ」の壁紙。フラット(フリース壁紙)は、「のりなしタイプ」に分類されます。 のりなしタイプというのは、名の通り、壁紙の裏に粘着剤がついていないため、貼る際には専用ののりを壁に塗り、そのあと壁紙を貼っていくタイプの素材になります。のりを塗る作業って大変なんじゃないの?貼るのって 難しいんじゃないの?という方も安心してください。コツさえつかめば、初心者でも上手に貼れます。また、シー ルタイプとは異なり、作業する過程も楽しめ、アレンジの幅も広がるので、DIY好きさんにはイチオシ素材です!

フラット(フリース壁紙)のココがスゴい!

POINT1:壁紙の上から貼ってキレイにはがせる

POINT1:壁紙の上から貼ってキレイに剥がせる

のりなし壁紙はその名の通り、壁紙に糊がついていないタイプの素材なので、貼る際には専用の糊が必要になります。ROOM ARTで取り扱っているのりのタイプは、今貼ってはる壁紙の上から貼って、キレイに剥がせる弱粘タイプののりです。
弱粘のり

「弱粘のり」は粘着力が弱く、貼った後、簡単に剥がすことができ、糊残りが少なく目立ちにくいため、賃貸物件で も安心して使える糊です。「強粘のり」は粘着力が強いため、半永久的に貼ることができます。(※強粘タイプはホームセンター等でご購入いただけます。)目的に合わせて、自由にのりのタイプ が選べるのは、のりなし壁紙のいいところ。

そのほかにも、両面テープやマスキングテープを使った方法などもあります。DIYの幅が広がりますね。

>>のりの詳細はこちら

POINT2:破れにくく、シワになりにくい

POINT2:道具を揃えなくても気軽にできる!

のりで貼るタイプの壁紙の原材料はフリース(不織布)で出来ており、厚みがあって強度の高い素材なので、破れにくい のが特徴のです。壁紙を貼っている際にシワになったりせず、DIY初心者の方でもキレイに仕上げることができる ので、比較的挑戦しやすい素材です。また、非常に丈夫なので、「弱粘のり」を使用した場合には剥がしたあとに、保管しておいて、再度その壁紙を貼ることも可能な程強いのです。

POINT3:伸縮性が少ないので仕上がりがキレイ

POINT3:キレイに剥がれてベタベタしない!

のりで貼るタイプの壁紙は、伸縮性が非常に少ない素材です。通常のビニル壁紙は糊を塗ると1~1.5%ほど伸 びるのに対し、のりで貼るタイプは0.1~0.2%しか伸びません。そのため、壁紙の裏に糊を塗って、伸ばしてから貼るという手間がかからず、壁に糊をぬり、そのまま貼ることが可能なので手軽です。また、水分を含んで伸びることがほとんどないため、逆に縮みにくいというメリットがあります。つなぎ目がひらいてくる心配が少ないので、仕上がりがキレイになります。

POINT4:表面がツルツルで発色が良い

POINT4:繰り返し貼ることができる

フラット(フリース素材)の表面は、ツルツルとしていてインク乗りがとても良い素材です。明るく鮮やかな発色 のため、写真はもちろん、イラストやロゴマークなどもキレイに印刷されます。元のデータとそれほど色味が 変わらないので、イメージ通りの壁紙をつくることができます。

POINT5:DIYを楽しめる

POINT5:平滑面ならどこにでも貼れてぴったりくっつく!

一番の魅力は「自分でつくる」楽しさを味わえるという点。シールタイプは、もともと 素材自体に粘着剤がついているため、フィルムを剥がして簡単に貼ることができるので、便利で楽にアレンジ できる素材です。のりで貼るタイプは道具を準備したり、糊を塗ったり、壁紙を乾燥させたり、余分な部分をカットするなど、シールタイプに比べて、DIYの工程は多いです。しかし、貼った後の達成感は比べものになりません。

DIYにハマっている人の多くはつくる時の楽しさ、出来上がった時の達成感がクセになる方もいるのではない でしょうか。自分の手で苦労してつくったものの方が、買ったものよりも何倍も何十倍も大事に思えるでしょう。

「次は何をつくろうかな。」と自分で新しいものをつくり出す過程も楽しく、新しいことにチャレンジ挑戦すること で生活に潤いを与えることができます。壁紙貼りもその作業自体を楽しむことができるので、DIYを楽しみたい かたにはオススメの素材です。

横幅の最大サイズは90㎝

壁紙の横幅サイズが90cmを超える場合には、分割して制作致します。

仕上がりサイズの詳細は「ご購入の前に必ずご覧ください」をご確認ください。

フラット(フリース壁紙)で注意する点

【注意点1】角や端にはのりをたっぷり塗る
分厚く、強い素材なので、少量ののりではなかなかくっつきにくい場合があります。特に「弱粘のり」を使う際に は粘着力が弱いため、注意してください。1回塗って、上手く貼り付かない場合には、刷毛などを使って、2~3回 繰り返し塗るとくっつきます。のりをたっぷり塗るように注意しましょう。
【注意点2】のりが表面について汚れる恐れがある
壁にのりを塗って、その上から壁紙を貼ります。スキージーやなでバケを使って、空気を抜くように貼り付けてい きますが、道具にのりが付着すると、壁紙の表面にそののりが付き、汚れてしまう恐れがあります。のりが道具に つかないように気を付けること、また万が一道具にのりがついたらキレイにふき取ってから貼り作業を行ってく ださい。表面にのりが付いてしまった場合には、乾く前に、少し水分の含んだ布やスポンジでふき取ってください。
【注意点3】重ねる方向に注意
キレイに仕上げるために、壁紙は通常「伸び」や「重ね」をつくります。本来のサイズよりも少し大きめに印刷する 部分の事をいいます。伸びや重ねの部分は通常カットしてピッタリサイズにしますが、「重ね」は切らずにスティッ のりや両面テープなどでくっつけたり、また、そのままにしておいても問題はありません。ただし、重ねる方向によ って、つなぎ目が目立つ場合があるので注意が必要です。コツは、部屋の入口から一番遠いところ、つまり、奥から 貼っていくこと。そうすれば壁紙のつなぎ目を目立たなくすることができます。壁を正面から見たときに、入口が左 にあれば右側から貼り始める。ドアが右にあれば左側から貼始めましょう。

貼り方の手順

貼る場所の汚れをよく拭き取り 掃除します。汚れていると上手く 貼り付けられない場合がありま す。

貼る前に、糸を結んだ5円玉を上からつるし、貼る位置印をつけておきます。

ローラーや刷毛を使って、壁にのりを塗っていきます。

印をつけた場所に、壁紙を上から貼り付けます。

スキージーで空気を外へ逃がすようにして、しっかり貼り付けます。

余分な部分を切り取ったら完成です。

キレイに貼るコツ
①のりはたっぷりと塗る。
のりが少ないと、しっかりと貼り付かない場合があります。凹凸のある面や角や端にはたっぷり とのりを塗りましょう。
②のり汚れを防ぐ。
新聞紙やマスキングテープを使って汚れを防ぎます。万が一汚れてしまったら濡れたスポンジ や雑巾などでキレイにふき取ってください。
③塗り残しの無いように。
大きな面はローラーで、複雑な箇所や細かい部分は刷毛を使って丁寧に塗りましょう。
④外に向かって空気を押し出すように貼る。
スキージーやなでバケを使ってしっかりと空気を出すと仕上がりがキレイになります。
⑤余分やつなぎ目をカットするときは刃先を新しく。
切れ味が悪いと切り口がガタガタになって仕上がりが汚くなってしまいます。刃先は常にキレイ な状態を保ち、でヘラや定規等をつかってまっすぐ切りましょう。切る際には勢いよく。
>>のりで貼るタイプの貼り方はこちら

ー施工事例ご紹介ー


施工箇所:オフィス・会議室
施工面積:12平米
使用したのりは「弱粘のり」。剥がしたあと、糊残りが目立ちにくいタイプです。 壁一面で5枚の壁紙を貼りましたが、1時間半程で作業完了。実際に壁紙を貼って完成した部屋を見て、自 分で貼ってもきれいに仕上がるものだということに驚きました。思い切った独創的なデザインを選びました が、雰囲気がガラっと変わり、馴染んだのではないかと思います。

>>この商品はこちら

まとめ

いかがでしょうか。のりで貼るタイプはシールタイプに比べて作業の手間はかかりますが、その分アレ ンジの幅は広がり、DIYの楽しさを存分に味わうことができます。また、一人ではるのは難しそう、と感 じるかもしれませんが、貼り方の手順さえ押さえていれば、それほど難しいことはありません。 シールタイプとは違い、壁紙との相性も考える必要がなく、自分の目的に合わせてのりを選ぶことができます。 壁一面を変えたいという方にはオススメしたい素材です。
ROOM ARTではお部屋の写真やコメントを大募集しています!実際に貼ってみた感想をお聞かせください。 皆様からのご投稿をお待ちしております。

トップへ