DIY初心者から上級者までみんなにオススメ強粘シール素材 - 壁紙のDIYならROOM ART

10,000円以上お買い上げで商品が送料無料になります

壁紙のDIYならROOM ART

  • 0522657128
  • 受付時間 9:00−17:00 土日祝定休

  • 10,000円以上お買い上げで商品が送料無料になります
  • 0522657128
  • 受付時間 9:00−17:00 土日祝定休

壁紙のDIYならROOM ART

  • オリジナル壁紙を作ろう
  • 塗り絵壁紙

壁紙の検索

取り扱い商品一覧

カラーから選ぶ

初心者から上級者までみんなにオススメ!強粘シール素材

「壁紙を変えて気分一新したい」「貼る作業が難しそうでなかなか手が出せない・」「貼って剥がせるタイプ だと剥がれてきてしまうのでは・?」そんな不安な方で大丈夫。

「強粘シール素材」で気軽に壁紙の模様替えができます!

このページでは、しっかり壁に貼れる強粘着シールタイプの魅力をたっぷりとお伝えします。!初心者の方、興味はあるけどやったことのない方はもちろん、DIYに慣れている器用なあなたもどうぞご覧下さい。

壁紙の種類は大きく分けて2種類ある

壁紙には大きく分けて2種類あります。裏面にのりがついていない「のりで貼るタイプ」の壁紙と、裏面に粘着材 がついている「シールタイプ」の壁紙。強粘シール素材は、名前の通り「シールタイプ」に分類されます。強粘というのは、その裏面についているのりの粘着力が強いタイプという意味になります。 強粘シールの素材についてご紹介します!

強粘シール素材のココがスゴい!

POINT1:難しいのり塗り作業がいらない!

POINT1:難しいのり塗り作業がいらない!

のりなしタイプの場合、貼り方の手順として、まずのりを壁に塗り、そのあと壁紙を貼っていく流れになります。DIY初心者の方が、「壁紙を貼るのは難しいな」と感じるポイントのひとつは、

ズバリ「均一にのりを塗ること」

専用のりは無色のため、白い壁に塗るとどこを塗ったのかがわかりにくいです。たっぷり塗ったつもりでも塗り残しがあったり、ゆっくりやっていると最初の方に塗ったのりがどんどん乾いてきてしまったり…いざ壁紙を貼ろうとしても上手くくっつかずに苦戦してしまいます。「のりを素早く均等に塗る」作業は楽しいのですが、やってみると意外と難しいのです。しかし、強粘シール素材なら、

あらかじめ粘着材が均等についているため、のりを塗る作業は必要ありません!

裏面のフィルムを剥がすだけですぐに貼ることが出来るお手軽素材。DIY初心者の多くがつまづく難しい作業が必要ないため、のりなしタイプに比べるととてもカンタンで失敗が少ないのです。

POINT2:道具を揃えなくても気軽にできる!

POINT2:道具を揃えなくても気軽にできる!

のりなしタイプを貼る場合、「壁紙用のり」を用意することはもちろん、それに伴ってのりを入れる「ローラー皿」やのりを塗る「ハケ」や「ローラー」など様々な道具が必要になります。初めて貼るときにこれらが全部揃っている人は少ないと思います。のりと施工道具は、壁紙とは別に購入してなくてはいけません。作業が終われば、のりでベタベタになったトレイやハケを洗ったりと、道具の片付けやメンテナンスも必要です。しかし、のりが不要な強粘シール素材なら、

これらの道具を揃えたり、後片付けも全部必要ありません!

のりが不要な強粘シール素材なら、これらの道具を揃えたり、後片付けも全部必要ありません!DIYに慣れている人にとっては、道具を揃えたり手入れするのは当たり前のことかもしれませんが、ちょっと試しにやってみたいな、と思っている人にとって、道具を一式揃えるのは敷居が高いですよね。強粘着シールタイプは、道具の購入が不要のため低コストで、片付けや手入れも不要なため作業時間も抑えられます。試しに壁をアレンジしてみたい、どんなものかやってみたいと思っている方に、DIYを気軽にチャレンジしていただくにはぴったりのオススメ素材なのです。

POINT3:壁紙の上から半永久的に貼ることができる

POINT3:壁紙の上から半永久的に貼ることができる

強粘シールタイプは、粘着力が強いので壁一面など大きな面積でもしっかりと貼り付きます。粘着力が持続し、半永久的にその壁紙を楽しむことができます。壁紙の上から貼ることができるので、元の壁紙を剥がしたりする手間がかかりません。また、プロの業者に頼んで張り替えする必要がありません。DIYならコストを最小限に抑えることができます!

POINT4:表面に凹凸があって部屋に馴染みやすい

POINT4:表面に凹凸があって部屋に馴染みやすい

強粘シールタイプの表面はザラザラとしているタイプです。「スタッコ」といって漆喰のような凹凸があるの 素材です。日本で使われている多くの壁紙が、表面に凹凸があるタイプなので、違和感なく、部屋に馴染ん でいきます。

POINT5:凹凸面にもぴったりくっつく

POINT5:平滑面ならどこにでも貼れてぴったりくっつく!

強粘シールタイプは凹凸がある面にもぴったりとくっつくのが特徴です。貼って剥がせるタイプは粘着力が 弱くつくられているため、ザラザラとした面やデコボコの面にはなかなか貼り付かず、剥がれてきやすい。しかし、強粘シールタイプであれば剥がれてくる心配はいりません。

横幅の最大サイズは90㎝

壁紙の横幅サイズが90cmを超える場合には、分割して制作致します。

仕上がりサイズの詳細は「ご購入の前に必ずご覧ください」をご確認ください。

強粘性シールタイプで注意する点

【注意点1】剥がしたあとはのり残りする
強い粘着力なので、ぴったりと貼ることができますが、剥がした時に裏のシールが壁側に残ってしまいます。原状回復義務のある賃貸物件の壁などにはオススメできません。
【注意点2】元壁を傷つけることもある
長時間貼り続けていると、元壁を傷つけてしまう場合もあります。また、壁が古く傷み、劣化していると、剥がした時に元壁も一緒に剥がしてしまうこともあるため、必ず壁の状況をご確認ください。
【注意点3】シワになりやすい
貼る際に上から少しずつ丁寧に貼っていかないと時間が経つにつれてシワになる場合があります。フィルムを少しずつ剥がし、しっかりとテンションをかけて、空気を外に押し出しながら貼るように注意してください。空気をきちんと抜けば綺麗な仕上がりになります。詳しくは貼り方をご覧ください。
【注意点4】湿気に弱い
水を吸いやすい素材なので、水分を含むと浮いてくる恐れがあります。湿気の多い場所では保管しないでください。また、壁紙の上に貼る専用の粘着材を使用しているため、ベニヤ板など壁紙以外の場所に貼ると、水分を含んで浮いてきやすくなるのでご注意ください。
【注意点5】貼れない壁紙もある
壁紙によっては表面のエンボス加工やフッ素加工などの影響で、浮き上がってきたり、角が剥がれてきたりする場合があります。まずはサンプル等で試し貼りをして、問題がないかご確認ください。

貼り方の手順

貼る場所の汚れをよく拭き取り 掃除します。汚れていると上手く 貼り付けられない場合がありま す。

貼る前に、壁紙を貼る位置 を合わせてみて、印をつけて おきます。

貼り始める始めるところから 一部だけフィルムをめくり、 頭出しをします。

印をつけた場所に、頭出し した部分を貼り付け、スキー ジーを使って圧着させます。

空気を外へ逃がすようにして、 しっかり貼り付けます。残りの フィルムも少しずつはがしなが ら、順番に貼り付けていきます。

最後までフィルムをはがし、 貼り終えたら完成です。

キレイに貼るコツ
①フィルムは少しずつ剥がす
一気にフィルムを剥がしてしまうと、粘着部分がくっついてしまう恐れがあります。また、気泡や シワを防ぐためにも少しずつ剥がして貼っていきましょう。
②外に向かって空気を押し出すように貼る
強粘シールはシワになりやすい素材です。キレイに貼れたつもりでも時間が経つと弛んできてしま う恐れがあります。スキージーやなでバケを使って、しっかり空気を出すと仕上がりがキレイになり ます。空気を押し出す時に、道具を持っていない手でしっかりと壁紙を持ち常に張った状態を保つ のがコツ。
③全体のバランスを考えて位置を決める
貼る位置を失敗し、貼り直そうとして剥がすと、粘着力が強いのでシール部分が壁に残ってしまい、 再度貼ることができなくなってしまいます。ズレたり曲がったりするのを防ぐために、貼る前に 位置を決めて印をつけましょう。
>>シールタイプの詳しい貼り方はこちら

ー施工事例ご紹介ー


施工箇所:寝室の壁
施工面積:約3平米
愛犬の写真でオリジナル壁紙を作成して寝室の壁に貼りました。元の壁紙がザラザラしているタイプ ですが、キレイに貼ることができました。元の写真と若干色味が違いますが、元壁と馴染んでいて違和 感がないので気に入っています。毎日仕事から帰ってきて寝るだけで寂しかったのですが、この壁紙を 変えてから毎日癒されています。DIYに慣れていないと、柄を合わせたり、シワにならないように貼るのが難しいかもしれません。そういう時は、無理して一人で貼らずに、家族や友人と一緒に貼ると良いですね。誰かと一緒になってやると、DIYの楽しさも倍増します。

>>オリジナル壁紙をつくろう

まとめ

いかがでしょうか。強粘シール素材は手間やコストを最小限に抑えて貼ることができる素材なので、壁紙の張り替えに悩んでいる方に、オススメしたい商品です。DIYなら、余計なコストもかからず、安価でお部屋の模様替えができます!ROOM ARTでは皆様もお部屋の写真やコメントを大募集しております。実際にお部屋に貼ってみたら、DIY中のお写真や、施工後のお写真などをぜひご投稿してください。

トップへ