塗り絵壁紙の素材・画材・配色にはこだわろう - 壁紙のDIYならROOM ART

10,000円以上お買い上げで商品が送料無料になります

壁紙のDIYならROOM ART

  • 0522657128
  • 受付時間 9:00−17:00 土日祝定休

  • 10,000円以上お買い上げで商品が送料無料になります
  • 0522657128
  • 受付時間 9:00−17:00 土日祝定休

壁紙のDIYならROOM ART

  • オリジナル壁紙を作ろう
  • 塗り絵壁紙

壁紙の検索

取り扱い商品一覧

カラーから選ぶ

塗り絵壁紙の素材・画材・配色にはこだわろう

塗り絵壁紙に挑戦しよう!と決め、塗りたいモチーフを選んだら次は、壁紙素材と画材を決めなければなりません。壁紙素材と画材の相性で出来上がりはとても変わってきます。インテリアとしてずっとお部屋の飾るものなのでとても重要ですね。
また、壁紙を貼っていざ塗り始めようとした時に配色に困ってしまう事もあるかもしれません。配色によって似合うインテリアが変わったりします。

画材と素材選び

塗り絵壁紙を試してみたいと思ってもご家庭で簡単に用意出来る画材と壁紙素材の相性が合わなかったら困ります。素材と画材の相性で塗った時の質感や、雰囲気がとても変わってきます。

のりで貼るタイプの壁紙素材

表面が普通の紙よりも少しつるつるとした画用紙のような素材

画材 仕上がりイメージ 面積 評価
色鉛筆 広い とても時間がかかる 筆圧が強いと筆跡が残りやすい 下地の壁によっては凹凸が出ることも
狭い とても向いています 綺麗に塗ることができる 下地の壁によっては凹凸が出ることも
クレヨン 広い 子どもでも塗りやすい クレヨンの独特質感は合います
狭い 先が太いので、塗っている所が見えにくく線からはみ出してしまう。色数が少ないので、細やかなデザインには向いていない
絵の具 広い 短時間でも広い範囲を事が出来る 水は少なめが良い(垂れるのを避けるため) 明るい色だと筆の跡が出やすい
狭い 細い筆を使えば奇麗に塗る事が出来る。 水は少なめが良い(垂れるのを避けるため)
油性 マーカー 広い 向いていない とてもかすれる 素材との相性が悪く、ペン先が止まってしまういような印象
狭い とても小さな面積なら塗ることが出来る。 塗るというよりは 線を描くというイメージで使った方が良い
水性 マーカー 広い 時間はかかるが綺麗に塗ることが出来る 素材との相性はとても良く、滑るようにすらすら塗る事が出来る
狭い とても向いている 素材との相性はとても良く、滑るようにすらすら塗る事が出来ます。

のりで貼るタイプの壁紙で広い面積には絵の具を使い塗ると綺麗に早く塗ことが出来ます。その他の画材でも少し時間はかかりますが綺麗に塗れる画材はありますよ。 狭い面積には、色鉛筆と水性マーカーはどうでしょうか。どちらも手軽でとても綺麗に塗ることが出来ます。絵の具であれば自分で色を作る事が出来るので表現の幅も広がりそうです。

強粘着シールタイプ

表面に凹凸があり、ざらざらとした質感の素材

画材 仕上がりイメージ 面積 評価
色鉛筆 広い 時間がかかる、凸の部分には色は着くが凹の部分には色が着かず白色が混じった印象で、イメージしている色よりも薄く感じる 鉛筆が削れ粉が出る
狭い 凸の部分には色は着くが凹の部分には色が着かず白色が混じった印象で、イメージしている色よりも薄く感じる 鉛筆が削れ粉が出る
クレヨン 広い 凸の部分には色は着くが凹の部分には色が着かず白色が混じった印象で、イメージしている色よりも薄い色
狭い 向いていないはみ出しやすい
絵の具 広い 短凹凸両方にしっかりと色が着く綺麗に塗る事が出来る水は少なめが良い(垂れるのを避けるため)
狭い 凹凸両方にしっかりと色が着く綺麗に塗る事が出来る水は少なめが良い(垂れるのを避けるため)
油性 マーカー 広い 向いていない とてもかすれる 素材との相性が悪く、ペン先が止まってしまういような印象
狭い 向いていない凹凸とこすれ、とても塗りにくい
水性 マーカー 広い 時間はかかるが綺麗に塗れる凹凸両方にしっかりと色が着く
狭い とても綺麗に塗ることができる凹凸両方にしっかりと色が着く

こちらの素材の広い面積には絵の具を使って塗ると凹凸どちらにも綺麗に着色することができ、筆の跡は目立ちにくくなります。狭い面積には絵の具と水性マーカーはいかがでしょうか。手軽に塗るのならマーカー、細部にまでこだわって塗るのなら絵の具と使い分けをしてみても面白いかもしれませんね。

いくつかの画材試しましたが画材のメーカーや種類によっても異なります。また、好みの雰囲気に合わせて画材を選んでもらえると幸いです。実際に塗ってみて自分好みの画材をみつけてくださいね♪

全ては配色で決まる!

壁紙素材が決まれば次はもう色塗りです!いくら塗るだけという単純な作業でも配色はとても重要です。モチーフの内容よりも色の印象の方が強く受けるので部屋のイメージをとても左右します。

色とインテリアで比較

色とインテリアで比較こちらに色を着ける前のモノクロの壁紙あります。 これを違う配色で色を着けるとどのようになるでしょうか。モチーフはエスニックともアラビアンとも捉えられる、独特の雰囲気を持ったペイズリー柄。ファションや小物に取り入れられているのをよく見かけますがインテリアとしても人気な柄です。3種類の配色パターンで色を着け比較してみましょう。

1.落ち着いたダークな配色

落ち着いたダークな配色ダークトーンの寒色をメインにした高級感のある配色パターンです。これらの色で色着けすると、エスニックやアラビアンという印象は全く無くなりました。このような配色にすることでおしゃれな落ち着いた印象の飲食店の壁紙として使っても違和感がまったくありません。

2.ふんわりとしたかわいい配色

ふんわりとしたかわいい配色ピンクや黄色などのふんわりとした印象を持つトーンでまとめた配色パターンです。こちらもエスニック、アラビアンといった印象は全く感じる事はなく、このような配色パターンのを用いることで女性らしい可愛い印象を持たせたい部屋にもペイズリーを合わせる事ができます。

3.賑やかではっきりとした色の配色

賑やかではっきりとした色の配色子どもが好みそうなはっきりとした色を用いた配色パターンです。異なった色味のものを用いる事で子ども部屋の賑やかな雰囲気にもとても似合います。柄の大きさでも印象や見え方もとても変わってきます。

カラーチャート

キュートなカラー

クールなカラー

ポップなカラー

さわやかなカラー

落ち着いたカラー

ナチュラルなカラー

上品なカラー

ゴージャスなカラー

  • 塗り絵壁紙の楽しみ方へ戻る
  • 塗り絵壁紙 ぬりえ×インテリア壁紙

トップへ